「不動産」の投資で儲けるための基礎知識

sdfsdklu0i 土地や建物を「不動産」と言いますが、投資の世界では、多くはマンション等の建物に投資することを「不動産投資」と呼びます。不動産投資としては「不動産投資信託(REIT)」を使う方法と、「現物投資」の2つが主流です。後者の現物投資はマンション等を実際に購入して儲ける方法ですが、前者のREITであれば、少額からでも投資をスタートすることができます。

■メリットの多い不動産投資

<<不動産に投資するメリットとは?>>

・通貨・債権のように無価値にはなる可能性はゼロ
・所有しているだけで儲けを生み出せる
・生活に関わる投資であるため、需要が消えない
・価値が急激に変動しない

代替投資(オルタナティブ投資)の一種である「不動産投資」は、万一の債務不履行やインフレ等が起こった場合でも株や債券のように価値がゼロになることは無く、安全な資産運用を行えます。海外の不動産にも資産配分しておけば、より確実と言えるでしょう。

参酌: ハイロー.cc

また不動産の短い期間での購入・売却には法律上規制が行われているため、価格の変動が少ないのも特徴です。とは言え、金利の変動等で価格は動きますし、日本においては「地震」という変動要因もあります。ただし地震については、必ずしも価格が下落するとは限りません。震災の例を見ればわかるように、地震後には建築ラッシュや都市計画が進行するなどの特需があるのです。

そして所有しているだけでは儲けが出ないことが多い代替投資の中で、不動産は珍しく「持っているだけで利益が発生する」投資となっています。経済危機に対処可能で、なおかつ賃料等の所得を定期的・継続的に得られるというのが不動産投資の大きな魅力と言えるのではないでしょうか。


■手軽に不動産投資を始められる「REIT(リート)」とは?

「REIT(リート)」とは、不動産信託投資のこと。個人ではなく多数の投資家から資金を集めて不動産に投資を行う信託で、日本で行われるREITは「J-REIT」と呼称されます。REITの魅力は何と言っても「少額から投資可能」というところでしょう。オフィスや商業施設等の大型の不動産であっても少額から投資を行うことができるのが魅力です。不動産投資の中で少額タイプのものは他にもいくつかありますが、中でもREITは1ヶ月に500円~1000円程度でスタートできるものもある等、気軽に始められます。

REITで投資を行うのであれば、投資対象を日本に絞らず、世界に目を向けるのもおすすめです日本では地震の頻度が高いため価格の大変動という可能性もありますが、世界を対象とすればこのリスクの可能性をぐっと低下させられます。かつては限られた富裕層のみが行うイメージがあった世界対象の不動産投資ですが、現在ではREITの浸透により手軽に始められる投資のひとつです。


基礎知識
お得な情報

関連ジャンル
投資信託

サイト案内
ご利用に関して
担当者