為替相場と経済指標

 FXなどの通貨を銘柄とした投資取引を行う場合は、外国為替市場の為替相場の値動きをどのように予測していくのかが、投資を成功させるポイントになります。

為替市場は通貨の売買を行っている相場になり、この市場でももちろん需要と供給の減速が働いていますので、人気が高い通貨が好まれ、人気の低い通貨が疎まれることが、相場の動きの根本となっています。
通貨の人気、不人気を生み出す要因は様々にありますが、最も基本的なものは2つあり、それが通貨の金利の高さと通貨を発行する国の経済状況になります。

通貨の金利が上昇すれば、手持ちの資産をその通貨に換えておくだけで高金利での利益を求めることができるために、多くの人たちがこれを求めることになり、人気が高まることで価値が上がり、通貨が買われ価格が上昇するのです。

その国の経済状況が安定して好材料に恵まれており、また経済成長も高い水準を保って用であれば、この通貨を保持しておくことで利益を望むことができるために、これもなた人気が高まって価格が上昇します。

こうしたことから、各国の中央銀行などがその見直しを行う政策金利の発表の前後は、為替相場の動きが活発になり、また同じように、その国の経済の状況を数値にして公表する経済指標の発表時においても、同じように相場は活発になるために、自分が取引きを行っている通貨のこうした情報の発表スケジュールは押さえておくことが必要になります。

また、自分の取引きを行っている通貨の発行国以外でも、こうした発表を押さえておくべき国があります。
それは、世界の全ての通貨の価値の基準を作っている基軸通貨である米ドルを発行しているアメリカになります。
アメリカの発行する米ドルは、様々な通貨をやり取りする際にもその媒介となる通貨にもなっており、またその流通量と取引量は世界一となっているために、アメリカの政策金利を見なおす政策金利決定会合と経済指標の発表前後では、為替相場の変動が活発になることが知られており、また、この会合の内容や指標の様子が市場の観測とずれていた場合などには、為替相場が乱高下をすることもあるために、投資取引に不慣れである場合には、取引きを見送るなどの対策をしておいた方がよいでしょう。

このほかにも注意を払うべき通貨があり、それが世界第二位の流通量と取引量を誇っており、第二の基軸通貨ともいわれているユーロであり、このユーロ地域での経済の主要国であるフランスとドイツのそれぞれの情報も確認しておくことで、為替相場への対応はより強固なものとなるでしょう。


基礎知識
お得な情報

関連ジャンル
投資信託

サイト案内
ご利用に関して
担当者